上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11.15 停電
朝の7時40分ごろ、全ての照明&電化製品が落ちました。
最初ブレーカーだと思って、見に行ったけど、特に異常なし。
他の家でも同じ状況のようで、外でもなんだかザワザワ。
どうやら、停電のようです。

夫がまだ出勤していなかったので、車はガレージの中。
9時にお客さんが来るらしく、外に置いている車で行くか
でも、11時までに復活しなかったら、今度は私たちが学校に行けないし…

ギリギリまで待ってみるつもりだったところ
手動でも紐を引いて開けられるらしいとの情報を仕入れてきたが
ガレージ内は真っ暗で、その紐がなかなか見つけられません。
どうにか手探りで紐を見つけて、無事車を出すことができました。

家が南向きではないし(こちらの家は方角は特にこだわらないらしい)
めずらしく小雨が降っていたので、家の中は薄暗くて何もできません。

結局、約1時間後の9時ごろ、ようやく復活。
アメリカはやっぱり広いからか、停電が多いらしいです。
信号機も結構ついてない所があったりして、
そういう時の交差点は4ストップ(※)ということになるので
車線が多かったりしたら、本当にドキドキします。
停電の時の交通ルールが、最初から決められているあたり
日本人と比べると、そこら辺は大らかなのでしょうね。

(※)4ストップとは、4方向ともに一旦停止がある交差点のこと。
   停止した順に、交差点を通行しても良いというルールです。
スポンサーサイト
コインこちらに来てから、ネットで知った
50 STATE QUARTERS PROGRAM

アメリカの造幣局が、1999年から10年にわたって、
10週ごとに各州にちなんだデザインのクォーター(25セント)を
50種類発行するというプログラムだそうです。
ミーハーな私としては、知ってしまった限りは
集めずにはいられません。

9月頃から集め始めて2ヶ月、だいぶ集まってきたので、
コレクションブックでも購入しようかと思っていたところ、
お友達の家で、ディスプレイケースに入れているの発見。
教えてもらった「Michaels」で早速購入してきました。

新聞に入る1アイテムのみ定価の40%オフというチラシを
譲ってもらっていたのですが、今週のセールで
ディスプレイケース全品40%OFF!

定価$29.99のところ、$17.99でゲットできました~ラッキー!
(折角なので、チラシは週末にクリスマス商品でも買いに行く予定)

早速、嬉しがって、集まったコインを入れてみました。
今まで発行されているのが40種類で、収集済みが27種類。
結構集まったと思っていたけど、まだまだスカスカ状態で寂しいですね。

最終発行が2008年のハワイ州なのですが、帰任までに発行されるかは微妙。
アメリカ駐在の記念に、コンプリート出来たら嬉しいのですが。
2006.10.31 ハロウィン
飾りつけ様子が全くわからないながら、街の雰囲気に後押しされて
1ヶ月ほど前から準備をしてきました。

まずは、ささやかながら、玄関に飾りつけ。
どのお宅もするのかと思いきや、全くしない家もありまずが
反対に、そこまで…と思うほどにものすごい家も見かけます。


お菓子
そして、配る為のお菓子。
まずは、夫が日本出張時に購入してきた「エリーゼ」と「パイの実」を。
あとは、棒つきキャンディーを1袋(200本は入ってる)、
キットカット1袋と横に売っていた専用の小袋を購入し、
袋詰め(80袋!)しておきました。


コスチューム更に、子どもにコスチューム。
息子には「Shadow bandet」、娘には「赤ずきんちゃん」
あと、貰ったお菓子を入れるトートも忘れずに。

当日は、学校から帰ってくるのが3時前なので、
4時からはじまる住んでいるコミュニティの
コスチュームパレードに参加することに。


パレード

特にイベントが行われないというところのお友達3人も我が家に来て、いっしょに参加。
時間が早かったからか、小学校以下の子がほとんどで、
男の子はヒーロー系、女の子はプリンセス系、小さな子は着ぐるみが大多数です。
コミュニティー内をぐるぐるパレードした後、訪問するにはまだ早いと思って、一旦帰宅。
ところが、家にいる間、可愛らしい訪問者が絶え間なくピンポーン!
準備しておいたお菓子が半分くらいになったし、そろそろ暗くなってきたので、
5時すぎには、いよいよお菓子をゲットしに繰り出しました。
残りのお菓子は「Please take one pack of treat!」と書いて玄関先に出しておくことに。

Trick or Treat!Trick or Treat!

飾りつけをしている家(特にJack-O'-lanternが灯っている)をめがけて「Trick or treat!」
明かりがついていて絶対いるはずなのに、出てきてくれない家もあったけど(お菓子がなくなったのかも)
ほとんどの家で「Happy Halloween!」といって、にこやかにお菓子を袋に入れてくれます。
うちと同じで玄関先に置いている家もありましたが、どこも小袋なんかには入れないで、そのまま。
袋詰めはかなり大変だったので、来年はうちもそうしよっと。

戦利品
我が家の子どもたちは、チョコやこちらの飴などが苦手なので、
実はほとんど食べられないものばかり。
なので、ほんとうはまだまだ訪問できる家はあったのですが、
1時間ほどで切り上げ、お友達とも別れて、帰宅。
玄関先のお菓子は、案の定、綺麗さっぱりなくなっていました。


Trick or Treat!Trick or Treat!

家に戻っても、次々と、今度は中高学生くらいのお兄さんお姉さんの訪問があり、
(大きくなると、魔女やおばけなど怖い系が多く、メイキャップもすごい!)
残っていた飴や、1つずつパックになっている買い置きのお菓子で対応。
結局、8時半ごろに外の飾りをすっぱり片付け、初めてのハロウィンは終了です。
最近、ご近所付き合いのチャンスが少なくなっている日本でも、こんな楽しいイベントなんだし、
広まればいいのになぁと思います。
10月最後の日曜日の夜中2時に、1時になるそうで…

アメリカのテレビはほとんど見ないので、夫に言われなかったら
全く気づかないまま月曜日になって、1時間早く学校にいってしまいそうでした。

携帯電話の時計は自動的に修正されるので、それに合わせて
時計+デジカメなどなどの時計を修正。
このブログにつけてる時計は自動で直ってる~すごいね!

昨日までは目覚めると薄暗かったのが、6時なのにすっかり明るい!
なんか得したような気が…。

日本との時差は、16時間→17時間になりました。
賃貸に出すことにして、リロケーション専門の会社に依頼していた日本のマンションですが、
11月中旬から、新しい方に住んでいただくことになりました。

契約が2年以上帰任までという限定付きなので、相場よりも若干安めの賃料設定にしていたのですが、
募集はまだ住んでいた6月からしていたのに、渡米まで一度も見に来たいという人は無かったし、
8~9月は、訪問数も1ヶ月1~2件程度で、もしかしてずっと空家状態か…と思っていた所、
9月末ごろに申込があり、そのまま書類の審査も通過。契約することになりました。

借りてくださる方は、なんと新婚さんのようです!
(転居の理由が「結婚の為」で、同居人の欄には苗字の違う女性が…!)
今頃、結婚準備で大忙しかな~。新しい家具とか電化製品とか揃えてるんでしょうね~。ふふふ。
お子さんがいると痛みも早そうだし、年度変りまで退去を待たされたりという話も聞いていたので
身元(勤め先)もしっかりしてるようで、貸主から見ると、かな~り好条件の方と思われます。

ハウスクリーニングは覚悟していたのですが、畳の表替え+ふすま張替え+カーペット張替えで、
20万強かかってしまい、軽く(いや、かなり)ショック。まあ仕方ないんですけど。

なので、2008年の11月までは、日本に帰る場所はない!ということになりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。