上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本で受けられる予防接種を全て受け終わりました。

  日本語表記    英語表記         息子     娘
ツベルクリン反応  Mantoux R        2001/09/05  2004/10/18
BCG       BCG           2001/09/07  2004/10/20
三種混合1期1回目 DTP           2001/03/01  2004/11/17
三種混合1期2回目 DTP           2001/03/23  2005/01/05
三種混合1期3回目 DTP           2001/05/10  2005/02/18
三種混合1期追加  DTP           2002/03/21  2006/03/13
麻疹        Measles         2001/10/05  2005/07/04
風疹        Rubella         2002/01/30  2005/10/11
ポリオ1回目    OPV           2001/05/25  2005/01/13
ポリオ2回目    OPV           2001/11/28  2005/09/12
日本脳炎1回目   Japanese B Encephalitis 2004/03/31    -
日本脳炎2回目   Japanese B Encephalitis 2004/04/13    -
水疱瘡       Varicella        2006/02/10  2006/02/13
おたふく風邪    Mumps          2006/03/28  2006/03/28
B型肝炎1回目   Hepatitis B       2006/05/18  2006/05/18
B型肝炎2回目   Hepatitis B       2006/06/22  2006/06/22

二人とも生まれてほんの数年なのに結構いっぱい受けてて驚きます(当たり前?)

予防接種記録
アメリカでは、BCGはなくて、
ツ反が陰性でなければ結核感染、
即治療になってしまうので、
BCGを受けているという証明の為に、
病院でドクターのサインのある
予防接種記録(Immunization Record)を
有料でしたが、いただいてきました。
(必要かわからないけど念のため…)


渡米してから、たぶん、MMR(麻疹・風疹・おたふく混合)1回、B型肝炎1回、
ポリオ2回を追加で接種、更に日本にはないインフルエンザB1回が必要なはず?
もしかして、三種混合の追加もあるのかなあ。
必要な予防接種を受けてないと学校に入学できなかったりするらしいので
副反応も心配だし、予防接種漬けでかわいそうですが、仕方ありません。
あちらに行ってからホームドクターに相談し、スケジュールを立ててもらいます。
スポンサーサイト
2006.06.08 国際免許証
カリフォルニア州ではVIZAを持って居住する場合、10日以内にカリフォルニアの免許を
取得しないといけないらしい。
とは言うものの、10日で取れる人は少なく、多少の例外は認められるそうですが
いずれにせよ、あちらで学科試験→実技試験が必要みたいです(T_T)
ほんの数日、長くても1~2ヶ月の為ですが、国際免許を取得しに運転免許センターへ
行ってきました。

必要なものは以下のとおり。
1.申請書 2.免許証 3.写真1枚(4×5) 4.パスポート 5.手数料2650円

申請窓口まず、以前写真館で撮影した時にもらったデータを持って
ファミリーマートへ。ファミポートで証明写真を印刷。
必要な4×5cmサイズがなく、一番近いビザ用サイズを
選択しました(300円)
その後、車で免許センターへ移動。
駐車場には結構空きもあり、中に入っても意外なほど
申請のフロアは空いていましたが、なぜか国外免許の
6番窓口だけが込み込み。

その理由はすぐに分かりました。
国際免許をもらうためには、この窓口に3度も並ばないと
いけないんです!

1回目…運転免許証を渡して、その両面がコピーされた
     申請用紙を受け取る。
2回目…申請用紙に必要事項を記入。2650円分の印紙を別窓口で購入して、
     申請用紙に添付し提出。
3回目…提出時もらう引換票を持って30分後に並び、国際免許証交付。

という流れでした。
途中、写真サイズを間違えていて、取り直してくるように指示された年配の女性が
「これでなんとかしてよ~」などとしつこく食い下がっていて(結局はやっぱりダメ)
更に時間を食ってしまいましたが、それでも1時間以内であっさり手にすることができました。

国際免許証国際免許証見開き

夫がホテルに滞在できる期間が決まっているので、まずは住居を決める必要があります。
仕事をしながらの住居探しは大変だったと思いますが、頑張ってくれました。

私は実際に見ることができないので、夫の撮った写真と、ネットが頼りです。

どうしてもはずせない条件としてあげていたのは
 1.賃料
 2.3ベッドルーム、2ガレージ、家具なし
 3.通勤に便利
 4.ESL(英語が母国語でない子達の授業)のある小学校が近い
 5.ガスコンロ

絶対ではないけれど、希望として
 1.築浅
 2.電化製品が備え付け(冷蔵庫/洗濯機/乾燥機/レンジ/オーブン/食洗機)
 3.直接照明
 4.遊具のある公園が近くにある
 5.子どもプールの出せる庭(バルコニー)がある
 6.バスタブが深め

当初1フロアを希望していたのですが、適当な物件がないので2階建ても候補に追加。
1日目に不動産屋さんと数軒見に行った中で、なかなか良い一軒家があり、
冷蔵庫/洗濯機が付いてないこと、キッチンが対面式でないこと、
LDがL字型でキッチンから見えないこと等、小さな不満もあったのですが
相談の上、とりあえず翌日に申し込みをし、オーナーの回答を待つことにしました。

ところが「一軒家でもいいんやったら、ここもあったなぁ」と言い出したのが
今回契約することになったタウンハウス(数軒が長屋形式にくっついた住宅)です。
賃料がほんの少しオーバーしていた為、頭からすっぽり抜け落ちていた模様。
ネットで間取りや設備などを確認すると、ほとんど条件を満たしているではないですか!
はずしているのは、ダイレクトガレージが1つ(青空駐車場はあり)という所と賃料のみ。
洗濯機や冷蔵庫を買う費用を考えたら、こっちの方がお得かもということで
早速翌日もう一度見せてもらって、契約する運びとなりました。

更に調べると、ESLクラスのある小学校は町に5つあるのですが、
一番日本人の多い学校が、徒歩でもいけそうな近距離にあるし、
裏にはコミュニティのプールがあるし(逆にうるさいかな)
設備面でも希望以上(ガス式暖炉/ディスポーザー/自動製氷器/空調機など)で
1Fにお風呂のついてないお客様用トイレもついています。
1400sqftもあって(日本式にいうと130平米強)とにかく広い!
もしかして、かなり良い物件を契約できたかも!とすごく嬉しくなってきました。
まぁ、住んでみない事にはわからないことも多々あるとは思いますが。

新居

左上から、コミュニティのゲート、リビングから見たDK、リビングにあるガス式暖炉、
キッチンからみたLD、キッチン、ダイレクトガレージ、
階段(子ども達は絶対ここから足出すと思う)、2F廊下の収納棚、メインルームのバス、
メインルームからの景色、真ん中の部屋、客用バスルームです。

間取り図はこんな感じです。
本当にこの家が私の次の住まいになるのか、この後に及んでもまだ実感なしですが、
とりあえず、楽しみにはなってきました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。