上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
筆記試験に合格して早3週間。
いよいよ予約している実技試験が近づいてきました~。

まず筆記合格の翌日に、夫の会社の指示で運転講習(一般道路2時間、高速道路2時間)を受け
基本的なルールをマスター。
その後数回は、週末でかける時などに夫に同乗してもらって練習、
更にその後は、昼間近場へ一人(+子ども)で運転しています。

日本と違うところは(アーバインに特化してることもあるかも)

 ●左ハンドル、右側通行
 ●指示がない限り交差点では右折可能
  赤信号でも一旦停止して、直進/左折/Uターンの邪魔にならなければ右折しても良い
  青信号なら一旦停止してはダメ(当たり前なんだけど、つい停止しそうに…)
 ●スピードが遅すぎるのも違反→制限速度を常に把握しなくては。
 ●ALLWAY STOPは早い者勝ち
  4方向に一旦停止がある場合は先に停止した車が優先。
  左折する為に止まって、直進がきても自分が先に通る。(思わず待ちそうに…)
 ●信号の変わる順番が色々
  左折が先に青になったりするので止まってる時に予測できない
 ●フリーウェイに2人以上乗ってる車しか通れない車線(Carpool)がある。
 ●横断歩道がただの2本線。しかも1本は車の停止線と共有。
 ●駐車場では前向き駐車が基本。頭つっこみがなかなかうまくならない。
 ●道幅が広く、車線が多い
  フリーウェイは片道7車線くらいあるし、普通の道でも片道4~5車線は当たり前。

などなどです。

通りにはすべて名前があって、交差点には横切っている通りの名前が表示されてるので
どこにいるのか分かりやすいのですが、どの道もぱっと見すごく似てて、目印がない。
しかも車線が多いので、交差点まできて「あ~ここだった」と思っても曲がれない。

地図地図

今の私は、この地図が一番の頼り。
これは、夫の会社の方がどこに何があるかを詳しく書いてくださったものです。
まず家で、地図を見て行き先を確認、どの通りをどっちに曲がるかをメモして出発。
途中わからなくなったら、地図を広げて「今ここだから…」と確認してます。

ところが、先日大事件が!
夫の取引先の駐車場まで車を取りに行く事になり、到着後、夫が中に入ったまま出てこないので
「先に家に戻っとこうか」と出発したものの、知らない通りばかりで訳が分からい状態に。
地図を広げながら確認しつつ走るんだけど「もしかして逆方向?」と不安になってUターンしたり
「わかったぞ~」と走ってるはずだったのに、途中直進がなくなって「どっちにいったらいいの~」となったり。
なんとか知ってる道が出てきて、どっちに向いているのかもわかり、家に戻ったのは約1時間後。
結局は先に家に到着した夫は誰もいないし、携帯に電話しても連絡がつかないし(家に忘れてた)
めちゃめちゃ心配したらしく、置手紙をおいて最初の駐車場へ戻ったりしていたらしい。

あとで調べると、アーバインの東の端までいって、更に北をぐるっと1周してきたらしい。
夫はこれに懲りたのか、結局取り外し可能のカーナビを購入してくれました。
(まだ使い方がイマイチわからないので、有効活用はこれからです)
こんな私ですが、少しずつこちらでの運転にも慣れてきたような気がします。

実技試験マニュアル

夫が実技試験を受けた時の簡易地図&注意事項を書いたものを用意してくれたので
それを見て予習、一度試乗もしてきました。
夫にこれ以上会社を休んでもらい辛いので、できたら一発で合格したいなあ。
(更につづく。次はいよいよ実技試験!)
スポンサーサイト
SoftaSilk日本にいた時にどこかのブログで見て、
アメリカに行ったら絶対作ってみたいと思っていた
「SoftaSilk」のケーキ!
「SoftaSilk」で検索すると、大絶賛のブログが
いっぱい見つかると思います。

初めて近所の現地スーパーに行った時に、
早速小麦粉のコーナーで見つけた時は嬉しかった~
ワクワクしながら買って帰ったのですが、よーく考えると、
天板必須アイテムのハンドミキサーがまだ到着してなかった!

先日ようやく船便が到着し、今度こそと思ったら、
日本ではオーブンに必ず付いてる天板がないことに気づきました…
改めて翌日、ケーキ用のトレー?を購入。(23cm×33cm)
今度こそ、チャレンジです!



オーブン備え付けのオーブンですが、実は使い方がわからなくて、
まだ一度も使ったことがありません。
説明書も無いので、色々ボタンを押しているうちに、
BakeとBroilが選べて、ケーキの場合は
Bakeで温度と時間を設定すればいいらしいと推測。
オーブンのパネル
余熱の必要があるのですが、
それは結局判らず終いで、
普通にBakeを使って
温度を上げておくことに。



ケーキ我が家は、全員抹茶が大好きで
当然大きな缶入りを日本から持参しているので
最初は抹茶のロールケーキを作ることに。
←これが記念すべきアメリカ第1作目。
あれれ、久々だったし要領を忘れちゃって
なんだかものすごく下手っぴな出来栄え。
イチゴが変に固まってるし、クリームもちょい少なかった。
でも期待通りのふわふわスポンジで味は大満足!
夫&子どもがあっという間に完食してくれました。

夫にも合格と言われたので、2作目は無謀にも近所のお宅へのプレゼント用を作ることに。
1作目の失敗を踏まえて、今度は中に入れる果物を色々にして(固まっても変じゃない?)
クリームを多くして慎重に巻き巻き。1作目よりは上手く出来たような…

ケーキケーキ

セロファンで巻いて、「My Heart For You」のタグを付けてラッピング。
早速持っていくと、まだオーブンは使ったことがないそうで、とっても喜んで受け取ってくださいました。
お味の方も気に入ってくれるといいのだけれど。
ロスアンジェルス

私たちの住んでいるところから通えるところに全日制の日本人学校はないので
息子は、月曜日~金曜日まで、現地の学校に通わせることになります。
日本では幼稚園の年長なのですが、こちらでは本来は9月から1年生。
でもやはり英語が全く話せないし、考えた末に1年遅らせてキンダーに入れることにしました。

先日、英語力テストを受けましたが、もちろん「beginning」という判定で、一番近い学校ではなく、
ESL(English as a Second Language)クラスのある学校へ、最初の1年は通うことになりました。
大抵は1年で卒業、その後は、学区の学校へ転校するか、そのままESLのあった学校の
普通クラスに通うか、選択することになるらしいです。

それとは別に、土曜日に通う日本人補習校というのがあって、
それに通う目的は、もちろん帰国時に困らないように日本の学習要綱に沿った学習ということもありますが
日本語を思いっきり使って、同年代の日本人の子ども達と遊んでストレスを解消という面もあるようなので
とりあえず、息子も申し込みをしていました。

あっさり編入が認められるか、一杯で断られるかだと思っていたら、先日編入検査のお知らせが届きました。
場所は、ロスアンジェルスのリトル東京です。

駐車場
渋滞を予想して、受付時間の2時間前には出発。
(空いていれば1時間くらい)
思ったより混んでなくて、40分前には到着。
さすがにロスは、都会という感じで、高層ビル郡が見えたり、
なんだかゴミゴミしてて、浮浪者がいたり、一方通行の道も多く、
なんとなく、住んでいた大阪に似てるかも。


二宮金次郎とりあえず、駐車場に車を止め、スタバで時間つぶし。
駐車場の料金ですが、15分ごとに3$。なのにMAX5$?
なんだかよくわかりませんが、5$払えばOKでした。

リトル東京には、二宮金次郎の銅像があったり
(日本でも見たことないよ…)
変な日本語や、それは違うでしょう的な品物が溢れてて
日本人としては苦笑って感じです。

説明会
編入検査は、1年生以上は、筆記試験だったようですが、
幼稚園児は1人ずつ呼ばれて面接形式。
あとで息子に聞くと、キャベツの絵を描かされたり、
名前を書かされたりした程度で、どうやら、
編入検査を受ける=よほどのことがない限り合格
なのでは?という結論に。


10時半には面接が終わっていたのに、延々12時半まで結果発表をまたされて(食事抜き)
結局合格通知をもらい、そのまま説明会に突入。

もともとウェイティングだったのか、説明会だけ参加の人も多くいたのですが
その中に、なんとラストサムライ出演の俳優のWKさんと、奥様のMKさんを発見!
一番前の一番端に並んで座られたのですが、もうミーハーな私&夫は、目が釘付けです。
二人とも華奢で、背が高くて、足が細くて長~い。
お互い保護者として参加していますので、後姿の写真を撮りたかったけど、我慢しました(笑)

1時間弱の説明会のあと、天ぷら&カリフォルニアロールの昼食をとり
ヤマザキパンのお店で「新食感宣言」の食パンを購入、ようやく帰宅の途につきました。
2006.09.01 船便到着
船便待ちに待った船便が到着しました。
あれがない、これがないといいつつ
それなりに生活できていたので
なんだか、思った以上の大量の荷物に絶句。
選別したはずなのに、なんでこんなに
持ってきちゃったのでしょう。

左の写真は、2階に運んでもらったものだけで
台所関係のものやパソコン関係のもの等諸々
1階に山積みです(T_T)

見ただけで、もう逃げたい衝動に駆られますが、そうも言ってられないので、
えいやっと重い腰をあげて、まず台所のものから開梱開始。
1つずつ何重にも紙に包まれているのを、はがすだけで、一苦労。
その包まれている紙もぐちゃぐちゃなままだと膨らみすぎでゴミ袋がいくらあっても足りないので
その紙も広げる作業も同時にしなくてはなりません。

それにしても、これって過剰包装じゃありません?
食器過剰包装?
50cm×50cm×50cmのダンボールに入っていた食器は、たったコレだけ。
重ねると、ほんの1/5ほどの食器しか入ってません。
箱に仕分け用の仕切りがあったんですけど、下に丸まった紙、紙に包まれてコップ1つ、
で、上に丸まった紙で1区画使用!みたいな。
はぁ~もったいなすぎる。こんなダンボールが6つくらいあるんですよ~。
確かに割れたら保障しなくてはならないかもしれないけど、
100均で買ったようなものまで、この扱いはやりすぎってもんです。

こんなことなら、自分で包めば良かったよ~。
確実に3箱は節約できた→息子の自転車が持って来れたかも?(まだこだわってるし…)

で、この食器を台所に仕舞わないといけないのですが、食器を入れるエリアが少なくて困ってます。
上の棚は、一番下しか手が届かないので、それより上に入れるのは危ないし、
下の棚は、引き出しは深すぎて食器向きじゃないし、開き戸も奥行きがありすぎて、これまた食器向きじゃない。
とりあえず、なんとなく持ってきたカゴ類に入れて上の棚に入れましたが
そこに入りきらないものが、まだかなり溢れてる状態です。

カウンター下に食器用の薄型の収納棚を買おうかと夫とは話しているのですが
アメリカでそういうのは手に入るのでしょうか。週末にでもIKEAに行ってみなくては!

すっきり収まるには、まだまだ時間がかかりそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。