上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.10.31 ハロウィン
飾りつけ様子が全くわからないながら、街の雰囲気に後押しされて
1ヶ月ほど前から準備をしてきました。

まずは、ささやかながら、玄関に飾りつけ。
どのお宅もするのかと思いきや、全くしない家もありまずが
反対に、そこまで…と思うほどにものすごい家も見かけます。


お菓子
そして、配る為のお菓子。
まずは、夫が日本出張時に購入してきた「エリーゼ」と「パイの実」を。
あとは、棒つきキャンディーを1袋(200本は入ってる)、
キットカット1袋と横に売っていた専用の小袋を購入し、
袋詰め(80袋!)しておきました。


コスチューム更に、子どもにコスチューム。
息子には「Shadow bandet」、娘には「赤ずきんちゃん」
あと、貰ったお菓子を入れるトートも忘れずに。

当日は、学校から帰ってくるのが3時前なので、
4時からはじまる住んでいるコミュニティの
コスチュームパレードに参加することに。


パレード

特にイベントが行われないというところのお友達3人も我が家に来て、いっしょに参加。
時間が早かったからか、小学校以下の子がほとんどで、
男の子はヒーロー系、女の子はプリンセス系、小さな子は着ぐるみが大多数です。
コミュニティー内をぐるぐるパレードした後、訪問するにはまだ早いと思って、一旦帰宅。
ところが、家にいる間、可愛らしい訪問者が絶え間なくピンポーン!
準備しておいたお菓子が半分くらいになったし、そろそろ暗くなってきたので、
5時すぎには、いよいよお菓子をゲットしに繰り出しました。
残りのお菓子は「Please take one pack of treat!」と書いて玄関先に出しておくことに。

Trick or Treat!Trick or Treat!

飾りつけをしている家(特にJack-O'-lanternが灯っている)をめがけて「Trick or treat!」
明かりがついていて絶対いるはずなのに、出てきてくれない家もあったけど(お菓子がなくなったのかも)
ほとんどの家で「Happy Halloween!」といって、にこやかにお菓子を袋に入れてくれます。
うちと同じで玄関先に置いている家もありましたが、どこも小袋なんかには入れないで、そのまま。
袋詰めはかなり大変だったので、来年はうちもそうしよっと。

戦利品
我が家の子どもたちは、チョコやこちらの飴などが苦手なので、
実はほとんど食べられないものばかり。
なので、ほんとうはまだまだ訪問できる家はあったのですが、
1時間ほどで切り上げ、お友達とも別れて、帰宅。
玄関先のお菓子は、案の定、綺麗さっぱりなくなっていました。


Trick or Treat!Trick or Treat!

家に戻っても、次々と、今度は中高学生くらいのお兄さんお姉さんの訪問があり、
(大きくなると、魔女やおばけなど怖い系が多く、メイキャップもすごい!)
残っていた飴や、1つずつパックになっている買い置きのお菓子で対応。
結局、8時半ごろに外の飾りをすっぱり片付け、初めてのハロウィンは終了です。
最近、ご近所付き合いのチャンスが少なくなっている日本でも、こんな楽しいイベントなんだし、
広まればいいのになぁと思います。
スポンサーサイト
10月最後の日曜日の夜中2時に、1時になるそうで…

アメリカのテレビはほとんど見ないので、夫に言われなかったら
全く気づかないまま月曜日になって、1時間早く学校にいってしまいそうでした。

携帯電話の時計は自動的に修正されるので、それに合わせて
時計+デジカメなどなどの時計を修正。
このブログにつけてる時計は自動で直ってる~すごいね!

昨日までは目覚めると薄暗かったのが、6時なのにすっかり明るい!
なんか得したような気が…。

日本との時差は、16時間→17時間になりました。
賃貸に出すことにして、リロケーション専門の会社に依頼していた日本のマンションですが、
11月中旬から、新しい方に住んでいただくことになりました。

契約が2年以上帰任までという限定付きなので、相場よりも若干安めの賃料設定にしていたのですが、
募集はまだ住んでいた6月からしていたのに、渡米まで一度も見に来たいという人は無かったし、
8~9月は、訪問数も1ヶ月1~2件程度で、もしかしてずっと空家状態か…と思っていた所、
9月末ごろに申込があり、そのまま書類の審査も通過。契約することになりました。

借りてくださる方は、なんと新婚さんのようです!
(転居の理由が「結婚の為」で、同居人の欄には苗字の違う女性が…!)
今頃、結婚準備で大忙しかな~。新しい家具とか電化製品とか揃えてるんでしょうね~。ふふふ。
お子さんがいると痛みも早そうだし、年度変りまで退去を待たされたりという話も聞いていたので
身元(勤め先)もしっかりしてるようで、貸主から見ると、かな~り好条件の方と思われます。

ハウスクリーニングは覚悟していたのですが、畳の表替え+ふすま張替え+カーペット張替えで、
20万強かかってしまい、軽く(いや、かなり)ショック。まあ仕方ないんですけど。

なので、2008年の11月までは、日本に帰る場所はない!ということになりました。
日本で買ったら10万近くするお掃除ロボットが、こちらではかなり安いらしいとは聞いていたのですが、
昨日、COSTCOで発見!
iRobot ROOMBA Scheduler というやつで、なんと$259.99!
わーほんとに安いね~いいな~欲しいな~と言っていると、夫が「買ったらいいやん」と。
普段はネットなどでじっくり値段を調べてから購入するのですが、
「いつまでここにあるかわからないし、きっとCOSTCOだから安いだろう」と。
え?いいの?ほんとに?

というわけで、久しぶりにワクワクする家電が我が家にやってきました~。
お掃除中充電器
昨日も1階で使ってみたのですが、今朝は、2階の使ってない2部屋+廊下を綺麗にしていただくことに。
うろうろしながら働く姿は、なんだかかわいい~。
子ども達は、「こっちおいで~」とか、「おなかへったの?」とか話しかけたりして、もうすっかりペット扱い。
上の右の写真は、充電器なのですが、ちゃんと電池切れの前に、ここに戻って自分で充電開始してくれるし
階段は察知して、落ちたりすることもないし、とってもお利口さんです。
取れたゴミ
隅から規則的に動くわけではないので、
ちゃんと全部綺麗にしてくれるの?と不安になりますが
後でみてみると、小さなゴミもちゃんと無くなってます。
で、とれたゴミが、このくらい。
普段使ってない部屋で、そんなに汚れてなかったのに
結構取れちゃってます。

事前に物を片付けておかないといけないのと
(普段なら物をどかしながら掃除機ができる)
本当の隅っこや階段などはしてくれないけど
出掛ける時にセットしておけば戻ったらすっかり綺麗!なんてまるで夢のようです!
今も、床のものをちゃちゃっと片付けて、ダイニングの椅子を上げて、スイッチオン。
こうやってブログを書いている間に、足元でウロウロ掃除してくれてま~す。
私ってば、専業主婦なのに、こんなに楽しちゃっていいのでしょうか。
レシート
毎週土曜日に、日系スーパーで1週間分の
食材をまとめて買うのですが
今週のレシートを大公開~(おおげさ)

上から順に…
白菜($0.39/lb,717g)    $0.82
レタス1玉         $0.59
ほうれん草2束       $1.18
大根($0.79/lb,586g)     $1.02
水菜1束          $1.39
冬瓜($1.39/lb,603g)     $1.85
もやし3パック       $0.99
きゅうり($3.39/lb,367g)   $2.75
なす($2.49/lb,472g)     $2.59
牛肉細切れ($3.99/lb,1.1kg) $9.79
鶏もも肉($1.99/lb,1.2kg)  $5.21
豚細切れ($2.99/lb,1kg)   $6.58
ビール(一番絞り12本)  $6.98
あじフライ(5匹)     $2.98
つぶあん3パック      $2.97
豆腐2パック        $1.96
ラーメン2人前       $3.48
台所用洗剤         $3.58
さば味噌漬け(1匹)    $3.98
うなぎ蒲焼2匹       $8.80
イカゲソ(生食)      $2.98
さば3枚卸冷凍       $3.98
かっぱえびせん       $1.08
カルビーポテトチップ3つ  $2.94
カルビーカールうす味    $1.18
カルビーカールチーズ味   $1.18
牛乳1.9L        $3.65
とろけるハヤシ(ルー)   $1.98
卵(12個)        $1.29
チューペット        $1.78
合計           $92.35

これに、多少現地スーパーで買い足す程度なので、
だいたい週$150くらいの食費でしょうか。

こちらでは、ほとんどの野菜&果物は重さで料金が決まるので(レジで量ってくれます)
日本でだったら、なるべく大きなものをと選んでいたのが、本当に使いたい量だけ買えるのがいいですね。
今週は、MARUKAIだったのですが、もう1軒、MITSUWAという日系スーパーもあって、
日本食材の入手には全く不自由していません。
高いなあと感じるのは、きゅうりとかなすとかの現地スーパーで手に入らない野菜、
日本のラーメンやカレールーなど。あと魚系はやっぱり割高に感じます。
現地スーパーでは、salmon(鮭)とcod(タラ)以外は何の魚か分からなくて怖くて買えないんです…とほほ。
こっちのお菓子は、ポテトチップ以外はなかなか受け入れられず、どうしても日本の物を買ってしまいます。
反対に、お米やビールはとっても安くて助かります。
今週は買わなかったのですが、お米はコシヒカリ6.8Kgが$10くらい。
ビールも税金を合わせても、日本で買う発泡酒より安い。アメリカのビールならもっと安いです。
すごく恵まれた環境に暮らせていることに感謝しなくては!ですね!
やりました~!運転免許の実技試験に合格しました~!

コメントにはちょこっと書いていたのですが、実は9/8に受けたのですが、見事に落ちまして
(理由は恥ずかしすぎて書けません。どうか聞かないで~)
次の予約が1ヶ月後、運悪くその日に夫の日本出張が入ってしまい、更にずれ込み
結局、本日(10/19)2回目を受けることができました。

1回目の悪夢が蘇り、全く受かる気がしないし、久々の緊張感で(普段だら~っと過ごしてるからなあ)
出発する前から心臓バクバク。
もう逃げたい衝動に駆られますが、夫に連れられ、仕方なくDMVへ。
先週の日曜日にも試験コースを試乗したのですが、今日も予約の1時間前に到着。
再度、試験コースを走って、最終確認させられました。
(これでダメだったら、今度こそ言い訳できないよー)

最初に、持ち込んだ車の確認があるのですが(ライトや方向指示器など)
前回は、ここで既に訳が分からなくなって、テンパッてしまったのですが
2度目ということで、なんなくクリア。ここら辺りから落ち着きを取り戻し
何度も走ったコースを走るうちに、平常心を取り戻せたように思います。

20分弱の試験を終え、DMVに戻ると、試験管からコメントがあるのですが
私が注意されたのは、以下の3点。
1.Speed → 45mileを50mile、30mileを32mileで2点減点。キビシー!
2.Traffic Check → 交差点で4回、左折で2回確認不足。かなり大げさに確認したのになあ。
3.Gap or LimitLine → 右折時に停止線を超えていたそう(1点減点)

実技試験結果合計9点の減点。チェックの紙を渡されても
自分が受かったのかどうかわからなかったのですが
よーく見ると「Passing」にチェックがありました!
わーい!

ところが、仮免許を貰おうと窓口に行くと、
ソーシャルセキュリティナンバーがないので
発行できないって言うんです。
筆記試験を受ける時に、書類を見せた事も
伝えたのですが(夫が)
「コンピューターがそういうから」と言われて
(さすがアメリカ!さすがお役所仕事!)
しぶしぶパスポート&その書類を取りに家へ。

再度DMVに戻って、長い列の受付に並び直し、受付番号を取得。
更に30分ほど待って、SSNの件はOKになったのですが、
仮免許を受け取ってないのに「じゃあ免許を郵送するから」で帰されそうに。
確認すると、仮免許は渡せないとのこと。えー?なんで?
夫が、それはおかしい!じゃあ免許到着まで運転はどうするのか?など頑張って交渉したのですが
最後は手で「シッシッ」みたいにされて、結局手にすることができませんでした。
仕方ないので、2週間後に本免許を郵送するというのを、信じられないけど待ってみることに。
子どもの送迎があるので、運転しないわけにはいかないし、
国際免許と合格したという書類と携帯して、警察に声をかけられないように超安全運転で
コソコソっと運転することにします。

はぁ、まだまだ「運転免許取得への道」はつづきそうです。
果たして本当に免許を手にできる時がくるのでしょうか…。
カップケーキアメリカでは、アイスクリームがとっても安いです。
種類も多いし、サイズもデカイ!
当然ながら売り場もかなりのスペースです
もう考えられないくらい大きなサイズ(バケツくらい?)のものとかも普通に売ってます。

安さに引かれて、うちの冷凍庫にも、
ハーゲンダッツのアイスが何種類も常備されてます。
日本でハーゲンダッツといえば、高級アイス。
小さなカップが確か250円くらいしたはず。
カップケーキ一人暮らしをしていた頃、時々の贅沢に会社帰りに
コンビニで買ってたなぁ(遠い目)
それが、こちらでは安売りの時だと、
パイント(500ml)が2つで5$とか、
クオート(1リットル)も5$切ってたり…。

食事に関しては、日本と大差ないメニューをキープしてますが
このアイスの誘惑には、どうしても勝てません。
子ども達ももちろん大好きで、しょっちゅう欲しがるけど、
せめてもの抵抗で、お風呂上りと決めてはいるのですが。
そろそろ涼しくなってきたし、体系がアメリカンサイズになる前に
いい加減自重しなくては…

アメリカでは誕生日に学校へお菓子を持参するのが恒例らしいです。
息子が通っている学校でも、登校前のバックトゥスクールナイト(保護者説明会)でその話があり、
貰ってきた説明書には、最初の項目が「Absences」(欠席時の説明)
その次が「Birthdays」となっています。ちなみに3番目は「Arrival/Departure」
送迎の事より誕生日が先ってどういう優先順位やねん!って感じです(--;)

説明書の内容は、こんな感じ。
 This is a BIG event in a child's life,  so during the year we will celebrate each child's birthday at school. We would appreciate it if you would try and give us one day's notice if you would like to bring a special treat.
 This is a fun and exciting day for out kids!

カップケーキ息子の誕生日がクラスで1番目かと思ったら、
9月に2人ほどいて(同じ日だったそう)
1人が定番のカップケーキ。1人はチョコチップクッキーでした。
息子は、もともと甘いお菓子が好きじゃなく、チョコレートもダメ。
こちらのカップケーキは、上にものすごい色のアイシングが
たっぷり乗っていて、とってもカラフル。
見るだけなら楽しいけど、ちょっと口にしたくない感じ。
当然、息子はちょびっと舐めただけで頭が痛くなって
食べられなかったらしい。
シュークリームクッキーもチョコが入っててダメだったそう、とほほ。

息子が食べられて、小さい子どもが食べやすく、
値段的にもそんなにお高くないお菓子というのを
色々探して、迷いに迷った末、
近くの中国系のケーキ屋さんのシュークリームに
3日ほど前にようやく決めて予約しておきました。



誕生日プレゼント
息子はキンダーのPMクラスで、登校時間が
AMクラスの下校時間と重なるのですが
その時に、AMクラスの親が何か配っているのを目撃!
知り合いのお母さんに聞くと、「goodybag」と言って
誕生日の子がクラスメートに渡す慣習があるらしい。
えー!聞いてません!(9月生まれの子はしてなかった)
でも知ってしまった限りは準備しなくては!と言うことで、
これまた頭を悩ませることに…。

まずは、日本から持ってきた鉛筆と消しゴム、家にあったお菓子を入れることに。
それだけではちょっと寂しいので、風船と夜店で売っているような吹くと伸びるおもちゃを購入。
男の子向けと女の子向けの袋に、それぞれ人数分詰めて準備完了。

下校時間の30分ほど前に、娘を連れて教室へ。
息子は紙でできた「バースデークラウン」を朝からかぶせてもらっていたらしく、
みんなに「ハッピーバースディ」の歌を歌ってもらい、先生が一人一人にプレゼントを配ってくれました。

キンダーでお祝いその後、外のパラソルの下で、
シュークリーム&ジュースを食べて簡単なパーティは終了。

シュークリームが苦手な子もいたみたいだけど
これはもうしょうがないですね。
でもプレゼントは意外に好評だったみたいで
口々に「Thanks」と言ってくれて、
どの子もとってもかわいかったです。


誕生日ケーキここカリフォルニアは誕生日産業がとても盛んで
色んな場所でパーティを請け負ってくれるのですが
要領もわからないし、来年のお楽しみということにして
今年は日本と変わらず、家でお祝いすることにしました。
ケーキは、Cafe Blancで購入。

息子の誕生日は私の誕生日でもあるのですが
とっても忙しくて大変な1日でした。
誰か私のことも祝ってくださ~い!(心の叫び)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。