上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本で国際免許を取得してきましたが、カリフォルニア州法で
「居住者となって10日以内にカリフォルニア州の免許を取得しなくてはならない」となっているので
子どもの学校の送り迎えが始まるまでに頑張って取得することになりました。

SSNオフィス
まず、筆記試験を受けるのですが、
その際にソーシャルセキュリティナンバー(SSN)を
聞かれますが、私は駐在員の妻という立場で渡米し、
働く訳でもないので、当然持っていません。
E-2ビザなので、取ろうと思ったら取れるし
働くことも可能だそうですが…。

SSNの書類
無いなら無いでOKという情報もありましたが
二度手間にならないように、まずはSSNのオフィスへ。
窓口で運転免許を取得したい旨伝えると(もちろん夫が)
もらえた書類がこれです。→→→→

あなたにセキュリティカードはあげられません、理由は
こうこうですよ。と書かれています。

これで、必要なものはとりあえず揃ったので、いつでも筆記試験を受けられることに!

タウンページ
日本にいる時から、夫に勉強しておいたらと渡されていたのが
この日本語の「テレフォンガイド」
たかが電話番号帳と思ったら大間違い、なかなかの優れものです。
後ろ1/3ほどに、単位の変換表や観光名所やら医療用語やら
結婚式のマナーから離婚の手続き、更には里帰りの方法まで
役立つ情報が満載なのです。

練習問題
この中のかなりのページを割いているのが免許取得の情報で
練習問題も200問ほど載っています。

お尻に火がつくまでなかなか腰の上がらない私も
「明日受けるよ」と言われて、ようやくやる気に。
1回は、答えを見ながら、2回目は答えを隠して、
それでも間違えた問題だけをもう1回と一夜漬けで勉強しました。

筆記試験は36問中31問正解で合格です。
長くなるので今回はここまで。次回は筆記試験受験について書く予定です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。